校歌・応援歌・応援拍手紹介

トップ神奈川大学用語辞典&データ集校歌・応援歌・応援拍手紹介

ここでは、主に應援指導部によって振舞われる校歌・応援歌ならびに応援拍手をご紹介します。
それぞれのページで解説と歌詞(応援拍手以外)を載せていますので、参考にしてみてください。

(2012.-4.16更新):本家の「応援しましょう」にあった校歌・応援歌データをこちらに移行し、載っていなかった応援歌等も載せました。

三訓
礼儀・団結・闘志(2011.10.21追加)

校歌・応援歌一覧

各データをご覧ください。

校歌 神奈川大学校歌
横濱専門学校校歌
応援歌 第一応援歌「久遠の覇者」 第二応援歌「力と技術を」 第三応援歌「勝利に進め」
逍遥歌「宮面ヶ丘寮歌」 神大名物ノーエ節 箱根の山
団歌 連盟歌  


応援拍手紹介

拍手名読み
意味
闘魂の拍手とうこんのはくしゅ
応援拍手の中では難易度が最も高いとされる拍手で、リーダーの中でも特に体力と気力がある方にのみ振ることができる拍手です。
一拍子を「闘魂」、二拍子を「怒濤(どとう)」、三・三・七拍子を「烈火」と例えて表現されています。
この拍手は箱根駅伝の応援でよく用いられ、闘魂を奮い立たせることで勝利を祝う拍手です。

拍手名読み
意味
カイカイパッパかいかいぱっぱ
神大の勝利とその喜びを見立てた拍手で、猿が蚤を取るときに振舞う行動をモチーフに表現しております。
ここで言う「蚤」は”相手校”、「猿」を”神大”と例えて、1掻き・2掻き・3掻き…と表現し、最後の「とったぞ、とったぞ神大」のエールは神大が勝利したという風に見立てています。

歌詞・解説の作成にあたっては、各年度濱菊祭パンフレットや神奈川大学史サイトの他、ネット上検索で見つかる各種文献を参考にさせて頂きました。
間違いなどがございましたら、こちらまでご一報ください


神奈川大学用語辞典&データ集トップへ戻る神大観察トップへ戻る