神奈川大学用語辞典&データ集 (ま行)

トップ神奈川大学用語辞典&データ集ま行

■ ま

◆ 毎日話す英会話講座(まいにちはなすえいかいわこうざ)

授業の空き時間を利用して手軽に英会話を学びたい人向けに、横浜・ひらつか両キャンパスで開講されている講座。
2005年度以前は課外英会話講座として開講されていました。

本講座の特徴は下記の通りです。

  1. 講師はすべてネイティブスピーカー…生身の英語を話す方々なので、慣れると自然と上達します。
  2. 空いた時間に1日40分…各曜日空いた時間に受けるため効率的な授業が期待できます。
    ※すべてスケジュールが入っている場合を考慮し、昼休みにも開講されていますが、かなり混んでいるのでご注意を。
  3. レベル別少人数クラス…受講者各人のスキルに応じてそれぞれに適した英会話を学びます。

私は3年次の時に当時の課外英会話講座を1年だけ受けていました。スキルアップしたかは別ですが…。

◆ MY VALUE(まいばりゅー)

2003年度入学者より導入されたキャリア形成・就職支援プログラム。

1年次には各人のキャリアを形成するための考え方などを身につけ、最終的には「自己実現力」・「自己表現力」・「自己発見力」・「問題解決力」・「対人関係力」の5つの力を高める目的で取り組んでいます。
コースとしては次の3コースを並行して受講して自分のキャリアを身につけます。

  1. 人間力・自己実現力向上コース:
    自分自身がどういうものか認識し、将来の目的をはっきり持ち、自分を成長させるための人間力を形成する講座です。
  2. 就職活動支援コース:
    就職活動を行う上で必要な事を学びます。主な内容は、「業界研究」・「ビジネスマナー」・「採用試験の内容」・「企業セミナーの内容や注意点」・「履歴書の書き方」・「面接対策」などです。
  3. 就職力向上コース:
    就職活動を行う上での実践トレーニングを行います。主に「履歴書やエントリーシートの書き方」・「SPI対策」・「模擬面接」などで、集中講座形式をとっております。
◆ マクドナルド(まくどなるど)

 

日本最大級のハンバーガーショップ。
実は神大にも横浜キャンパスに店舗を構えております。また、かつてはひらつかにもありました。
(下の箇条書きにある年月日はオープンした日です。)

(2007.-7.21追記)
横浜は毎日営業しておりますが、ひらつかは授業期間中の平日のみの営業なので注意が必要です
神奈川大学店オリジナルのサービスとして、横浜・ひらつかの両校ともドリンクバーがあり、店内で召し上がる場合に限りおかわり自由です。

(2008.-2.-5追記)
ひらつかの方は2008.-1.30限りで閉店されました。その代わりこの場所は同年4月よりベーカリーカフェになりました。

◆ マップホール(まっぷほーる)



横浜キャンパス8号館2階にあるラウンジ。壁一面に世界地図が描かれています。(だからマップホール?)
また、踊りや音楽の練習・発表をする場でもあり、神大フェスタの時には上写真のようにフォークライブが行われております。

(2010.11.-7追記)
因みにこの世界地図、縮尺は400万分の1とのことです。(出典:第12回神大フェスタのクイズラリー)

■ み

◆ みなとみらいエクステンションセンター(みなとみらいえくすてんしょんせんたー)

みなとみらいのクイーンズスクエア14階にあるKUポートスクエアの正式名称。
詳しくはKUポートスクエアの項目をご参照ください。

◆ MINESTRA(みねすとら)



(2007.11新規)
神大生協運営で、2007年12月3日にオープンした学食。イタリア語で”具だくさんのスープ”という意味があった。
生協店舗が入っている19号館地下のCafe LUX内に店を構え、パスタ専門店として営業していました。(平日日中のみ)

(2009.-5.10追記・2009.-5.26修正)
2009年4月限りで営業を終了したことが分かりました。なお、10号館3階に「Pasta Domannaka」なるパスタ専門の学食が2009年4月にオープンしました。

上写真:2008.-7.21撮影

◆ 宮面ヶ丘寮歌(みやもがおかりょうか)

1981年まであった宮面寮で歌われていた寮歌で、逍遥(しょうよう)歌に分類されます。
あるサイトによると、終戦後に当時の寮生が歌っていたのが自然と寮歌になった由来があります。また、唯一絶叫を伴わない歌でもあるそうです。
ちなみに、”逍遥”とは、悠々自適に楽しむ意味もあるそうです。
参考として、データ集「校歌・応援歌・応援拍手紹介」ページの「宮面ヶ丘寮歌」もご参照願います。

※他の大学や大学以外にも逍遥歌がありますので、興味のある方は各自調べて参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆ MIYAMO-NET(みやもねっと)

横浜・ひらつか・中山(附属)すべてで使える、神大総合情報ネットワークの総称。略称はMNS。
専用回線を通してインターネットに接続され、休講情報など学内外の様々な情報やサービスにアクセスすることができます。
このシステムは確か2000年の後期から導入された記憶がありますが、それまでは各キャンパス独自のネットワークを使っていました。(ひらつかは一般CCSOでした)

なお、MIYAMOとは現在の横浜キャンパス所在地の旧名である神奈川区六角橋宮面(みやも)から取っているようです。

◆ 宮面寮(みやもりょう)

1981年まで横浜キャンパスの近くに存在した学生寮。
当時の寮の所在地が神奈川区六角橋宮面であったことから名付けられました。

◆ 未来環境テクノロジー株式会社(みらいかんきょうてくのろじーかぶしきがいしゃ)



(2009.11.11修正)
工学部物質生命化学科の田嶋和夫教授らによって開発された「三相乳化技術」を事業化するために、2007年8月6日に設立された株式会社。
横浜の25号館(産官学連携推進室のある建物)にある。(設立当初は4号館生涯学習棟にありましたが、2008年11月に移転しました。)

三相乳化技術とは、界面活性剤を使用しないで柔らかい親水性ナノ粒子の物理的作用力を利用した乳化技術のことです。
これらを踏まえた「スーパーエマルション燃料」を用いて排出ガスの削減や燃費の向上に貢献するなど、環境に配慮した燃料として実用化を進めています。
※表現が専門的で、化学に詳しい人しか分からないことご了承下さい。

■ む

◆ 村橋・フロンティア奨学金(むらはし・ふろんてぃあしょうがくきん)

1999年度より、名誉博士の村橋三好氏の寄付によって設立された奨学金。

経済的事情で修学が厳しいながらも学業意欲が旺盛で、かつ氏の意志である「報恩・感謝・功徳」の考えを受け入れて神大に貢献できるであろう方が対象です。

(2009.-6.28追記)
この奨学金設立の背景には、氏の学生時代にご尊父が逝去されて勉学の道が断たれる危機に直面した時に、叔父の援助によって卒業できたことによる還元をするために、多額の寄付を行ったことがありました。(参考:宮陵会報No68,1999.-7.31)

■ め

◆ メディア教育支援室(めでぃあきょういくしえんしつ)

色々なメディア(媒体)を利用して効果的な講義を行うのを支援するために開設された機関。
専任教員・非常勤講師を対象とし、学内使用が目的のメディアに関するサポートを行っております。

取り扱い内容としては、指定のOSやアプリケーションのサポート、ノートPCや周辺機器の貸出・利用、講習会の実施、コンテンツやWebサーバのサービス、教材作成支援サービスなどがあります。

◆ メディア教材制作プロジェクト(めでぃあきょうざいせいさくぷろじぇくと)

(2010.-2.-1新規…文章はメディアステーションより移動)
中国語学科・スペイン語学科・国際経営学科と理学部各学科・人間科学科の学生が、それぞれのテーマに応じて独自のドキュメントを映像にして制作・紹介する企画。
主に下記のテーマを取り扱っています。(2008.-2.12に人間科学部と日本語教員養成課程の項目を追加しています)

◆ メディアステーション(めでぃあすてーしょん)

(2010.-2.-1全面修正)
メディア教材制作プロジェクトの一環として作られた作品を公開しているWebページ。

◆ メビウス(めびうす)



(2010.-2.-1新規)
横浜の1号館学生掲示ホール脇にある噴水の中心に聳え立つモニュメント。日本名は”永遠”。
1998年の創立70周年記念事業の一環として宮陵会及び後援会より寄贈され、2002年のキャンパス再開発工事完了時に設置されました。

■ も

該当する用語はありません。


神大用語辞典&データ集トップへ戻る神大観察トップへ戻る