神奈川大学用語辞典&データ集 (な行)

トップ神奈川大学用語辞典&データ集な行

■ な

◆ 中山キャンパス(なかやまきゃんぱす)

横浜市緑区にある神大の附属中学・高校。
1985年に男子校として開設し、3年目の87年に共学となりました。

■ に

◆ 21世紀COEプログラム(にじゅういっせいきしーおーいーぷろぐらむ)

大学の研究機能拠点確立を目的に、選ばれた大学・学部によって行われる学際領域分野COEプログラム。

神大では、2003年9月より大学院歴史民俗資料学研究科が2008年3月末まで取り組んでおりました。
テーマは「人類文化研究のための非文字資料の体系化」で、人間の表現を図像・身体技法と感性・環境と景観、の三つに分け、それぞれの資料化と解析の方法を研究・開発していました。

なお、活動終了後は日本常民文化研究所にて「非文字資料研究センター」を設立して引き続き研究を行っております。
(2009.-1.16更新)

◆ 2部課程(にぶかてい)

夜間に授業を行う学部で、法学部・経済学部・工学部の一部で2005年度入学者までを対象に開講されていた。
2006年入学者から昼夜開講制(法学部・経済学部のみ)に変更されたため、2部生はこの学年からなくなりました。

2部があった学科は下記の通りです。(学科は2006年4月変更前の名称を記載)
(2009.-4.17更新、2008年度に最後の2部生が卒業した(休学や留年等除く)ことにより、表現を過去形に変えました。)

◆ 日本常民文化研究所(にほんじょうみんぶんかけんきゅうじょ)

日本民衆の生活・文化・歴史・民俗を調査・分析する研究機関。
1921年に渋澤敬三氏により「アチック・ミュージアム・ソサイエティ」として創設し、1982年に付属研究所となりました。

(2009.-1.16追記)
2008年3月末の21世紀COEプログラム終了後、付置機関として「非文字資料研究センター」を設立し、非文字に関する研究を引き続き行っています。

◆ 人間科学科(にんげんかがくか)

2006年4月に新設された人間科学部の学科。人間について総合的・学際的に理解するために新たに設けました。
主なカリキュラムとしては、下記3コースから選びます。

◆ 人間科学棟(にんげんかがくとう)



横浜キャンパス22号館にある建物で、2000年に完成。
トレーニングジムである健康科学スポーツセンターの他、部室・ミーティングルーム・リハーサル室などもあります。

私はJINDAI☆NAVI関係でこの建物を数回使った記憶があります。

◆ 人間科学部(にんげんかがくぶ)

2006年4月に新設された学部。人間科学科から成り立つ。

■ ぬ

該当する用語はありません。

■ ね

該当する用語はありません。

■ の

◆ 野比研修所(のびけんしゅうじょ)

(2010.-2.-1修正)
かつて横須賀市野比にあった神大の研修用施設。学生ならびに教職員専用でしたが、2008年に廃止となりました。
結局私は1回も行った事がありませんでした。


神大用語辞典&データ集トップへ戻る神大観察トップへ戻る