神大観察用語辞典 (さ行)

神大観察神大観察用語辞典さ行

■ さ

◆ サーカムホール/Circum Hall(さーかむほーる)

 

(2009.10.17新規)
湘南ひらつかキャンパスに2009年7月に完成した多目的ホール(11号館)の名称。

名称の趣旨として、

  1. ”周”・”回”を示す接頭語で、円や弧などの単語を作り、その中心を形成してそこに集まるイメージ
  2. セレストホールの対を成す役割
  3. 外周も内部も湾曲したやわらかい外観

が挙げられます。

上写真:左…サーカムホールが入る11号館の外観(2009.10.24撮影)、右…サーカムホール内部(2009.12.12撮影)

◆ the Way(ざ うぇい)

(2021.-4.12変更)
アルファベット・数字ページ「the Way」参照。

◆ 桜木会館(さくらぎかいかん)

(2008.-6新規)
1927年4月に神大の前身の前身である横濱学院を設立した時に最初に使われた建物。中区桜木町の花咲橋バス停付近にありました。(同年12月に校舎機能を移転)
残念ながら2008年6月下旬~7月中旬に解体されましたが、むしろ80年間残っていたのが奇跡かもしれません。

■ し

※「神大」(じんだい)で始まる単語は神奈川大学&神大のページに掲載しています。

◆ CLA(しーえるえー)

(2021.-4.12変更)
アルファベット・数字ページ「CLA」参照。

◆ 資格取得講座(しかくしゅとくこうざ)

(2009.-2.23新規)
専門的技能や新たな知識を身に付ける目的で、特定の資格を取得してキャリアアップの一助とすべく通常のカリキュラムとは別に設けられた講座。
学生の他、他大学の学生・卒業生・一般の方もご利用になれます。

特色としては下記が挙げられます。

なお、特定の資格試験に合格された方とその講座の講師を対象に、年度末(後期期末試験終了後前後)に懇親会が開かれ、そこで受けた感想やお礼を述べたりしています。

◆ 自治行政学科(じちぎょうせいがっか)

法学部の1つ。
法学教育に加え、地方自治の行政に関する色々な事柄を学び、福祉・環境・都市・情報などの問題にも立ち向かえる要素を備えた人材を育成します。

◆ 質実剛健・積極進取・中正堅実(しつじつごうけん・せっきょくしんしゅ・ちゅうせいけんじつ)

神奈川大学建学の精神。
神大創設者の米田吉盛氏が旧横濱専門学校創設時に掲げたモットーで、現在もその意志を引き継いでいます。

ちなみに、この3語にはそれぞれ次の意味があります。(参考:神大創立80周年記念パンフレット)

(2008.-5.26更新)
2008年度から新たに”中正堅実”も建学の精神として加わりました(それまでは2つ)。また、既存2つの熟語の説明も変えました。

◆ シフォン/Chiffon(しふぉん)

  

横浜キャンパス10号館3階、かつてローテファーネのあった場所に2008年4月1日よりリニューアルした神大生協運営の学食。
主にテイクアウト客向けで、おにぎり・サンドイッチ・デザートなどが売られていますが、特にソフトクリームは「神大ソフト」の愛称が付くほど人気が高いようです。(2010.-7.18一部修正)
(2010.-2.-2修正)かつては土曜日も営業していましたが、現在は原則平日のみの営業です。(土曜は短縮営業→サンドイッチ販売のみ→休業と経ています)

(2008.-5.-4更新)
2008年2月11日までは10号館2階の片隅で営業していました。
上写真の内、左側が旧シフォン(2007.11.17撮影)、右2枚が移転後のシフォン(2008.-7.21撮影)です。

◆ 社会連携センター(しゃかいれんけいせんたー)

(2021.-4.12新規)
みなとみらいキャンパス1階ソーシャルコモンズエリアにある施設。
みなとみらい周辺の企業や行政と連携し、オープンイノベーションを推し進めて行き、さらに産官学交流の一環として学生にも様々な経験を積んでいきます。

◆ 出席システム(しゅっせきしすてむ)



2006年度後期より横浜キャンパスにて試験的に導入され、2007年度から本格運用を開始した出席確認システム。
講堂に設置されたリーダー(上写真)にICタイプの学生証をかざして個人の出席情報を集めて出席率向上を目指すほか、その他面談等での利用を予定しています。

2007年度初頭に横浜キャンパスの一部を除いた箇所で導入され、同年度中に横浜の残りとひらつかにも導入されました。

◆ 生涯学習棟(しょうがいがくしゅうとう)



(2009.11.11修正)
2011年まであった横浜キャンパス4号館の通称。
ここでは、色々な資格をとるために開かれている資格取得講座や、生涯における色々な教養を身につける生涯学習講座に関する講義室等があります。
また、かつては三相乳化技術の実用化に向けて研究を行っている会社「未来環境テクノロジー株式会社」も入っていました(2008年11月に25号館に移転)。

(2012.-4.-1追記)
この建物はキャンパス再開発工事の関係で2011年度後期に閉鎖され、解体されました。

◆ 湘南ひらつかキャンパス(しょうなんひらつかきゃんぱす)

(2021.-2.-7変更)
平塚市土屋にあり、2001年4月より平塚キャンパスから名称変更されたキャンパス。
理学部およびその大学院はここで講義・研究を行います。(2023年4月に横浜キャンパスに移転予定)
2021年3月までは経営学部(みなとみらいキャンパスに移転)もここで学びました。

特徴としては、周りが山だらけののどかな環境です(土屋の杜など)。

◆ 情報科学科(じょうほうかがくか)

(2012.-4.-1一部改訂)
理学部の1つ。
情報化社会において、コンピュータ関係におけるあらゆる、かつ早い変化に対応できるように技術力と柔軟な思考力を兼ね備えた人材を育成させます。
1年からワークステーションと呼ばれる所定のパソコン部屋でプログラム等の講義・学修をしていきます。

カリキュラムとしては、主に下記2コースに分かれます。

なお、私の出身学科はここでした。

◆ 情報システム創成学科(じょうほうしすてむそうせいがっか)

2006年4月より(旧)経営工学科から名称変更された、工学部の学科。
キーワードを「システム」と定め、コンピューター情報処理や人がうまく働くための組織づくりと言ったシステムの要素と位置付け、システムの設計や開発ができる技術を学び、創造力も併せて身に付けます。

(2010.-7.18&2012.-4.-1追記)この学科は次の2コースに分かれていましたが、2012年4月の工学部再編で現在は情報システム創成コースのみとなりました。

◆ 勝利に進め(しょうりにすすめ)

(2021.-4.12変更)
神奈川大学第三応援歌。作詞:丹羽高志 作曲:真島俊夫

神奈川大学創立60周年を記念して作られ、歌詞は学生から一般公募されました。
華やかでテンポの良い曲で、マーチメドレーの後半にも採用されています。

◆ JINくん KANAちゃん(じんくん かなちゃん)



神奈川大学の公式マスコット。神奈川県を象徴する鳥であるカモメをイメージしたキャラクターとなっています。
また、オリジナルグッズもいくつか発売しております。私は卒業式の日に小さいぬいぐるみを両方とも購入しました。

上の写真では、右のオスがJINくんで、左のメスがKANAちゃんです。

(2009.-5.26追記)
このマスコットは、1998年の神大創立70周年記念事業の一環として実施したコンテストの最優秀作品で、昭和46(1971)年貿易学科(当時)卒業生によるものでした。(出典:宮陵会報98.-8.13号)

◆ じんたろう(じんたろう)

(2009.-4.20新規)
神大創立70周年記念で、JINくん・KANAちゃんと同時に誕生したマスコット。
やはりこちらも神奈川県の鳥であるカモメをイメージしたキャラクターとなっており、羽先の青は神大のスクールカラーであるプラウドブルーを、太い眉と足は「質実剛健」を、大きな瞳と口ばしは「積極進取」という両建学の精神から取ったものとなっています。

先述のJINくん・KANAちゃんに押されてあまり活躍する機会がなかったためか、私は「JINDAI style」(272号)を読んでこの存在を知りました。

(2009.-5.26追記)
このマスコットは、上記記念事業の一環として実施したコンテストの佳作で、当時建築学科の4年による作品でした。(出典:宮陵会報98.-8.13号)

◆ 人文学研究所(じんもんがくけんきゅうじょ)

1963年に人文学研究領域において活発な研究活動を支援する目的で設立された研究機関。
人文学系の各種テーマによる研究を中心にシンポジウムや講演会を開催し、また研究成果を刊行するなどの活動をしております。
主な活動は下記の通り。

(2021.-4.16追記)
読み方が間違ってる可能性があり、後述の人文学会(じんもんがっかい)と合わせています。

◆ 人文学会(じんもんがっかい)

1953年に、人文科学に関する学術研究ならびに社会一般の文化的進歩の貢献を目的として設立された機関。
主に人文学に関する研究成果を発表する各書物の刊行や研究会・講演会などでの講演が中心です。

(2012.11.25追記)
読み方が間違っていたので修正しました。(誤:じんぶんがっかい → 正:じんもんがっかい)

■ す

◆ 数理・物理学科(すうり・ぶつりがっか)

(2012.-4.-1新規)
2012年4月に開設した理学部の学科。
演習・実験科目や少人数ゼミナールなどを設けることで、数理的・物理的な応用力を身に付ける技術者の育成を目指しています。

カリキュラムとしては、主に下記2コースに分かれます。

◆ Stop Over(すとっぷおーばー)

(2021.-4.12変更)
アルファベット・数字ページ「Stop Over」参照。

◆ スペイン語学科(すぺいんごがっか)

(2021.-2.-7改訂)
外国語学部の1つ。1965(昭和40)年の学部新設に合わせて開設。
スペイン語の習得に加え、スペインの文化・歴史・地域事情も合わせて学びます。

2006年度入学者からスペイン語以外の外国語を学べる機会が増えました。特に英語コミュニケーション特修副専攻コースでは、国際文化交流学科との共同で英語関連科目を多数学ぶことができます。

■ せ

◆ 成長支援第一主義(せいちょうしえんだいいちしゅぎ)

2006年度の学部再編(学科の新設や名称変更等)において、改革のテーマとして掲げ、現在も継続しているスローガン。
コンセプトは、学生の視点に立った大学を目指すことです。

◆ 生物科学科(せいぶつかがくか)

理学部の1つ。1989年の開設当初から2000年度までは応用生物科学科でした。
ここでは、主に下記4コースに分かれて履修を受けることになります。

◆ ゼミと卒研の神大(ぜみとそつけんのじんだい)

神大の謳い文句とされている特徴。

神大では開学以来ゼミナール(文系学部)や卒業研究(理系学部)に特に力を入れており、これらの成果を専門誌として公表する所も多く、研究・教育水準の向上に貢献しています。

◆ セレストホール/Cerest Hall(せれすとほーる)

 

横浜キャンパスにある多目的施設(16号館)。
多目的ホールでは質の良い音響や2カ国語同時通訳ユニットなどで聞き取りやすい環境を提供しているのが特徴で、また、視聴覚室では主に講演会などのイベントで使われることが多いです。

補足情報、このこけら落とし講演はTBSのNEWS23でおなじみだったジャーナリストの故・筑紫哲也氏でした。(うおりさん情報)

■ そ

◆ ソーシャルコモンズ(そーしゃるこもんず)

(2021.-4.12新規)
みなとみらいキャンパスの1階~3階のエリア。
地域・社会に開かれ、人知を集結して新たな価値やイノベーションが創出される場として展開していきます。

ソーシャルコモンズにある主な施設・設備…リンクがある項目はそれぞれの説明あり

◆ 総合工学プログラム(そうごうこうがくぷろぐらむ)

(2012.-4.-1新規)
2012年4月から導入された、工学部のカリキュラム。
従来の工学部では対応できなかった工学分野に対応し、学術横断的に学ぶことで知識を深めると共に、英語力も身につける事に重点を置いて進めます。

次の3コースがあります。

上記の他、他学科の専攻分野や理数科目等の複数分野を横断して学びます。

◆ 総合理学プログラム(そうごうりがくぷろぐらむ)

2006年4月から導入された、理学部4学科にまたがって数学・理科・情報系科目、さらには文系科目も併せて履修して総合的な理学力を高めるために履修するプログラム。
このコースで入学した学生は、4年次で情報科学科/化学科/生物科学科/数理・物理学科(2012年度入学者以降)のいずれかの学科に属して卒業することになっています。

◆ Sol(そる)

(2021.-4.12変更)
アルファベット・数字ページ「Sol」参照。


神大観察用語辞典トップへ戻る神大観察トップへ戻る