神奈川大学用語辞典&データ集 (た行)

トップ神奈川大学用語辞典&データ集た行

■ た

◆ 大学院トライアルコース(だいがくいんとらいあるこーす)

(2010.-7.26新規)
大学院で学びたい人向けに、大学院で学ぶことの意味や方法を知る目的で大学院レベルに即した講義を体験できるプログラム。
現役学生のみならず、社会人に対しても門戸を広げ、研究者の養成やその知識を蓄える取り組みを行っています。

この特色としては、次の項目が挙げられます。

  1. 講義費用は無料
  2. 開講は土日中心:社会人も対象のため、本業に影響が出ない範囲で受講できます。
  3. 複数講座の受講可能
  4. 充実した講師陣:大学院教員・各分野で活躍するゲスト講師等が教壇に立ちます。
  5. 場所は横浜キャンパスのみ

2008年度に法学研究科で導入され、2010年度より経済学研究科、外国語学研究科、歴史民俗資料学研究科でも導入されるようになりました。(法学研究科は申し込み時面接あり)
また、2010年度より講義を受講したものの諸事情で大学院に行かなかった方の為に、研究生活の準備を支援する目的で「トライアルコース友の会」も立ち上げました。

◆ 単位互換制度(たんいごかんせいど)

(2010.-2.-1修正)
2001年度より導入された、横浜市内の他大学が開講する科目を履修し、それを自分の大学の単位として認定する制度。
神大では横浜キャンパスの一部学科で実施しており、神大以外では次の大学で行っています。

関東学院大学 國學院大学 鶴見大学 桐蔭横浜大学 東京都市大学(旧武蔵工業大学) 東洋英和女学院大学 フェリス女学院大学 明治学院大学 横浜国立大学 横浜商科大学 横浜市立大学

※履修可能科目等、詳細な内容につきましては神大公式ホームページ等でご確認ください。

(2009.-6.-1修正)
新たに明治学院大学も対象となり、武蔵工業大学は東京都市大学に名称変更されていました。(後者は2009年度より)

◆ 短期大学部(たんきだいがくぶ)

2002年まで存在していた神大の短大。
学科構成等は1998年現在下記のようになっていました。

■ ち

◆ Change JINDAI!(ちぇんじじんだい)

(2015.12.31新規)
2010年度から始まった、横浜キャンパスで開かれる参加者を5~6名の班にまとめた上でゴミを拾いつつミッションにもチャレンジして参加者との交流を深めるイベント。

開催の背景としては、この頃横浜キャンパス周辺で学生によるゴミのポイ捨てが多いゆえの地域住民への迷惑とつながりの薄さを打開することがありました。

◆ 地方自治センター(ちほうじちせんたー)

(2010.-5.31新規)
法学研究所内に2004年度に開設した機関で、24号館内にある。(略称はCLA)
法務研究科設立時に地域密着型の法科大学院として開設されました。

この機関の特徴としては、次の事柄が挙げられます。

  1. 自治体版リーガルクリニック
    各自治体から新しい制度・政策の設計や条例立案等の法律問題への対応や、市民側からの自治体行政に関する様々なアドバイス等を行っています。(幾つか実績あり)
  2. 講演会・スタッフセミナー・事例検討会
    各方面の専門家等を招いての地方自治法制に関する講演会・セミナー等の開催(一般参加可のものあり)や、自治体法務に関する事例検討会等の実施を行っています。
  3. 資料整備
    自治体法務全般の関連や講演会等の資料をまとめて利用者に提供する設備を開放しています。

参考文献:CLA 地方自治センター案内リーフレット

◆ 中国語学科(ちゅうごくごがっか)

横浜キャンパスにある外国語学部の一つで、中国語の習得に加え、中国の文化・歴史・地域事情も合わせて学ぶことで、経済・文化的交流の場で役立てる人材にしていきます。
また、学生と教師間で情報交換する共同研究室や、パソコン部屋での論文作成・インターネットによる中国の情報提供の場を用意し、より中国を知る機会を提供しています。

さらに、2月上旬には学生の有志によって餃子を作って中国の旧正月である「春節」を祝う”春節餃子会(しゅんせつぎょうざかい)”も2002年から毎年開かれています。

◆ 昼夜開講制(ちゅうやかいこうせい)

2006年4月から法学部・経済学部の一部で導入された、夜の時間帯にも講義を設けて、昼でも夜でも授業を受けられる方式。
2部課程が同年の入学者からなくなったため、その代わりに出来た方式です。

■ つ

◆ 土屋の杜(つちやのもり)

ひらつかキャンパスの敷地に広がる森林。
自然にあふれる木々が多数植えられておりますが、マムシが出ることもあるので通るときは要注意です。

1年の時に1回ここを通ってみたことがありましたが、いざ歩いてみると道に迷いそうな所でした。
決して夜には通りたくないですね(いないか)。

■ て

◆ TEDCOM PROJECT(てっどこむ(?)ぷろじぇくと)

地震や台風などの自然災害が起きても建物が引き続き使えるなど被害を少なくするために、建築学科が推進してきたプロジェクト。
2000年4月~2005年3月までの間に、建物の設計方法やその開発・評価に関する研究を中心に取り組んできました。

◆ Terra(てら)

(2017.-1.-5追加)
湘南ひらつかキャンパス厚生棟1階にある(株)レパスト運営の第一食堂。2011年にリニューアルされました(名称は2013年頃命名?)。
日替わり料理・カレー・丼ものなど好みに合わせて選べるカフェテリア方式の学生食堂で、一部注文を受けてから作る料理もあります。
営業は平日昼間帯~夕方までと土曜日の昼間帯(長期休業期間除く)です。なお、平塚祭の雨天時のステージ企画はここで行います。

(2003年~)2016年までは(株)無洲が運営していました。

◆ 電気工学科(でんきこうがくか)

現在の工学部電気電子情報工学科(初代)に名称変更される前に名乗っていた学科。2001年に変更。
カリキュラム等詳細は上記学科をご参照ください。

◆ 電気電子情報工学科(でんきでんしじょうほうこうがくか)

(2012.-4.-1修正)
横浜キャンパスにある工学部の一つ。
2012年4月より電子情報フロンティア学科から名称変更された工学部の学科。
電子技術と情報技術を組み合わせて、最新の科学技術を新しい「ものづくり」に展開・応用でき、電子系と情報系の複数分野の知識を結び付けられ、斬新な発想で色々と提案できるように育て上げます。

なお、この名称は2001年4月~2006年3月の期間にも用いられていました。

◆ 電子情報フロンティア学科(でんしじょうほうふろんてぃあがっか)

(2012.-4.-1修正)
2006年4月~2012年3月の間に名乗っていた工学部の学科。2012年4月より電気電子情報工学科(2代目)に名称が変わりました。
カリキュラムは電気電子情報工学科の説明でご確認ください。

■ と

◆ 土間ん仲 あつあつ亭(どまんなか あつあつてい)

 

横浜キャンパス10号館3階にあった、(株)無洲が運営していた学食。
和定食中心ながら、リーズナブルな値段で提供していましたが、平日昼間帯のみの営業でした。

(2009.-5.26追記)
2008年度末で営業終了されました。代わりにこの場所に「Pasta Domannaka」なるパスタ専門の学食が2009年4月にオープンしました。

(2017.-1.-5追記)
土間ん仲自体の運営は2016年を最後に終了しました(土間ん仲は和定食→パスタ→ラーメンと変遷)。

上写真:左…2007.11.17撮影、右…2008.11.24撮影

◆ トライアルコース友の会(とらいあるこーすとものかい)

(2010.-7.26新規)
大学院トライアルコースを受講し、修了したものの、諸事情で大学院に行かなかった受講生の為に、研究面を支援する目的でバックアップをとっているグループ。
現在は法学研究科を対象に行われており、主に大学院の専任教員や法学研究所の客室研究員などが参加して、今後の研究生活のサポートを図っています。

◆ どんちゃん祭(どんちゃんさい)

平塚祭の旧名称。正式名称は「どんちゃん祭~Wing Ding Festival~」でした。
なお、「Wing Ding」はどんちゃんという意味らしいです(うおり様談)。

これは第1回~4回まで名乗っていました。(翌1993年の5回目から現在の平塚祭に変更)


神大用語辞典&データ集トップへ戻る神大観察トップへ戻る